有機JAS認定砂糖(オーガニックシュガー)

有機JAS認定砂糖(オーガニックシュガー)
販売価格:525円 (500グラム)

[有機認定]
原料:ブラジル産(オーガニックシュガー)
生産工程管理者:USINA SAO FRANCISCO S/A
世界最大のオーガニックサトウキビの生産者でもあり、その高い品質はオーガニックの本場である欧州や米国を中心に世界35カ国で高く評価されています。

店長の一言コメント

この商品は、素材舎の商品「パンミックス粉(近日発売開始)」のために開封された有機JAS認定砂糖(オーガニックシュガー)の小分け商品です。小分け商品ですので、JAS認定のマークは付けることは出来ませんが、商品は有機JAS認定の商品と変わりはありません。

ブラジル産JAS 認定オーガニックシュガーについて

1、 改正JAS法による有機(オーガニック製品)に関する定義
  2001年4 月より施行されています。オーガニック商品は以下の通り定義づけられています。

1) 有機農産物① 農薬や化学合成肥料は使用しないことが原則。やむを得ない場合は、リスト化されたもののみ使用が可能です。
② 種播きまたは植付けの時点から遡り2 年以上、禁止されている農薬や化学合成肥料を使用していない水田や畑で栽培すること。
③ 遺伝子組み替え由来の種苗を使用しないこと。
④ 生産から出荷までの生産行程管理・格付数量などの記録が作成されていること。

2) 有機農産物加工食品① 水、食塩を除いた原材料の重量の95%以上が、有機農産物または有機農産物加工食品であること。
② 農薬や洗浄剤などから汚染を受けないように管理された工場などで製造されていること。
③ 原則として、化学的に合成された食品添加物や薬剤を使用しないで製造されていること。

3) 有機農産物、有機農産物加工食品ともに生産者・製造者は登録認定機関より資格認定を取得し、その生産物・製品にJAS マークを貼付しなくてはなりません。尚、製造業者が資格認定を取得していない場合でも、JAS認定オーガニック原料を使用する場合に限り、その製品に『強調表示』をすることができます。

4) 有機畜産物
2005 年11 月26 日に施行された新JAS 法にて有機畜産物の規格及び認定事業者の技術的基準が明記されました。乳製品を使用した加工食品に有機JAS の適用範囲が広がり、オーガニック市場の裾野の拡大が期待されます。

5) オーガニック認定
① オーガニックシュガーの生産工場としてのJAS 認定を、世界で一番早く2001年3月2日に取得しました。
② 同社はJAS 認定の他にNOP(米国農務省)、FVO(米国)、ECOCERT(欧州)と世界的に権威のあるオーガニック認定機関より生産者・製造者としての認可を取得しております。

6) トレーサビリティー
食の安心・安全に対する消費者のニーズは非常に高くなっており、その流れとして特に『原料のトレーサビリティ』が問われて来ております。様々な産地の原料糖を用いて生産される通常の精製糖と違い、弊社のオーガニックシュガーは化学合成農薬及び化学肥料を使用せずに自然の力だけで育まれたサトウキビを原料とする“生産者の顔の見える”お砂糖です。

開封された有機JAS認定砂糖(オーガニックシュガー)の小分け商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です